スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームの話

ここのところ、仕事が忙しくてブログの更新が出来ないでいる。

一か月更新しないと、広告が入ってしまうので、とりあえず更新する。

年齢がばれてしまうが、中学生の時に感動した、タイムシークレットというアドベンチャーゲームについて書きたい。

このアドベンチャーゲームのあらすじを言うと、タイムマシンで色々な時代に旅をするのだが、過去に戻った時にタイムマシンが故障してしまう。
タイムマシンが壊れてしまったので、もとの時代には帰れなくなってしまう。
それでどのように過去から、現在に帰ったかというと、、、
人工冬眠を行い、無事に帰ると言う結末なのだ。
よくこんなアイデアを思い付いたと思う。

スポンサーサイト

ゴールデンレトリバーが好き

ゴールデンレトリバーが好きなので、よく動画を見ている。
この動画には驚いた。56秒のところで魚を捕まえている。

最近の買い物

先日PLAYSTATION 3(60GB)【メーカー生産終了】の中古をアマゾンで9000円で購入した。

なぜこれを買ったのかというとプロ麻雀 極 NEXTをやりたかったからだ。
プレステ2のソフトなのでプレステ2本体の購入も検討したが、初期型のプレステ3だけはプレステ2のソフトが動くし、値段もたいして変わらないので初期型プレステ3中古にした。
この麻雀ソフトは、私は傑作だと思う。

アドレス110のウェイトローラー交換作業の結果(続、燃費報告)

・ウェイトローラー交換前は41.7キロメートル/リットル
(2941キロメートル/70.53リットル  2018年3月24日~2018年7月6日)


・ウェイトローラー交換後は43.4キロメートル/リットル
(923キロメートル/21.27リットル  2018年7月10日~2018年8月12日)


ウェイトローラー交換後の方が燃費は悪くなるはずなのに、良いデータになっているのは、気温のせいだと思う。

例えばクルマでエアコンをつけると燃費が悪くなると言っている人がいるけど、データでなくなんとなく仕組みから思い込んでいるのだと思う。
もちろんエアコンは、車に負担がかかる(はず)だけど、それを簡単に相殺するほど、気温の影響は大きいので、真夏は燃費が良いはずだ。




バイクを買い換えた
アドレス110のウェイトローラーを交換しようと思う(前編)
アドレス110のウェイトローラーを交換しようと思う(後編)
アドレス110のウェイトローラー交換作業を行う
アドレス110のウェイトローラー交換作業の結果

アドレス110のウェイトローラー交換作業の結果

結論から言うと、大成功!!

アクセルを開けた時に今までエンジン回転が低すぎると感じていたのが、かなり改善された。(厳密には変わったのかもしれないけど)最高速も変わらない。

ウェイトローラーの重さについては、標準の11.7グラムより軽くすれば、ほとんど全ての人が満足するだろう。純正状態がハイギアード過ぎるからね。

今回は、標準の11.7グラム→スズキ純正流用8.74グラム『21650-04C10』にしたが、軽すぎさを危惧していたが杞憂に終わった。加速を重視するならもっと軽くても良い。
純正流用ではなく、バイク用品店で値段の安いキタコなどのもっと軽い8.5グラムや8グラムでも(エンジンが回りすぎたりはしないので)大丈夫な気がした(←多分)。自分で交換作業が出来なかったり面倒だと思うのなら、バイク用品店で交換するのが良いと思う。(工賃は3000円~4000円くらいのはず)

具体的な加速データは、私が試した坂道の計測地点を全開加速で標準ウェイトローラーにて55キロのところ60キロだった。その坂道で計測地点をいくつか設けたが、平均して4キロほど速度が乗るのが分かった。

燃費データについてだが、新車購入時からずっとe燃費のサイトでデータをとっているので、それを掲載する。今回のウェイトローラー交換は走行3005キロで行っている。

ウェイトローラー交換前だけのトータル燃費は、2941キロメートル/70.53リットルなので、41.7キロメートル/リットルである。(2018年3月24日~2018年7月6日)

ウェイトローラー交換後の燃費については、ある程度走ってから、後ほど掲載したい。

ただし、私の経験上、気温が高いと燃費が1割以上良くなるので、気温が支配的となり、ウェイトローラー交換での燃費差が簡単に相殺されてしまうはず。

アドレス110のウェイトローラー交換作業を行う

いよいよ交換作業を行う。

ここまでのまとめ
購入したのは、
ウェビックでスズキ純正8.74グラム『21650-04C10』のウェイトローラーを6個。
・アマゾンでGarage.com2 Suzuki系12角プーリーロックナットレンチ32mm(アドレス110等) H048
だけである。

あと結構重要で、私も色々と調べたり考えたが、ウェイトローラーにグリスを塗る必要があるかなのだけど、私の今回の計画だとウェイトローラーは純正流用なのでグリスは塗らないで行うことにした。デイトナやキタコだとウェイトローラー専用のグリスが販売されているくらいなので、デイトナやキタコなら塗る必要性があるのだと思った。
もう一つの塗らない理由は、まだ新車で3000キロしか走ってないので、そのまま交換でも大丈夫な気がした。

他にあらかじめ調べておいたことは、(ウェイトローラーの入っている側の)プーリーのトルクは、50N・mである。あと純正ウェイトローラーの場合組み付ける方向があり、時計の6時の位置で、プラスチックがたくさん見える側が右側になるようにするとの事。まあこれは外した時にもう一度再確認も出来るのだが下手に外して向きが分からなくなった場合にも備えて覚えておいた。


DSC_0435.jpg
プーリーを外して、ウェイトローラーを入れ替える途中(3個入れ替え後)。新車で3000キロ走行後だが、もともとついていた標準のウェイトローラーは黒っぽくなっている。

わざと、ウェイトローラーの向きが分かるように撮影した。6時の位置でプラスチックがたくさん見える側が右側になっていることが分かる。

ウェイトローラーのグリスが必要かは少し心配だったのだが、もともとのウェイトローラーをよく触ってみると、全くついていないか分からない程度についているかであった。
純正ウェイトローラーのプラスチックの素材に潤滑性があるのだと、勝手に納得した(自信なし)

プーリー面が汚れてドライブベルトが滑ると心配なので、プーリー面には触らないようにして、さっさとウェイトローラーを入れ替えてもとに戻した。

お手伝いしてくれた友人のお礼に、前から本人が欲しがっていた
ワコーズ F-1 フューエルワン

ThinkPlus トラックポイント・キャップ・コレクション
をプレゼントした。

交換後のインプレについては次回書きたい。

アドレス110のウェイトローラーを交換しようと思う(後編)

8.74グラムのスズキ純正ウェイトローラーの品番を調べてみると、
『21650-04C10』らしい。純正部品はウェビックで注文出来る。このサイトだと純正部品番号も調べる事が出来るのでこれからも愛用したいと思う。

ところで、ウェイトローラー交換の話を友人に持ち掛けたら、手伝ってくれるとの事だ。これは心強い。
工具も使わせてくれるとの事。
でも、プーリーを外すのに専用の工具がないと、プーリーが空回りしてネジが外れないので、必要な工具を買うことにした。
Garage.com2 Suzuki系12角プーリーロックナットレンチ32mm(アドレス110等) H048を買う事に決める。
ちなみにアマゾンでは2000円未満の注文だと、送料がかかってしまうのだが、裏ワザを友人から教えてもらった。
ペーパーモックという2000円の、厚紙で出来た液晶モニターの模型を一緒に買うと、なぜか2000円の2000円引きになり、送料無料の条件をクリアしてしまうのだ。(←注、今は出来ません2018/07/18確認)

キャプチャ

ウェイトローラーとプーリーレンチを購入したので、あとは友人の工具を使わせてもらえば作業が出来る。

ウェイトローラー交換には、トルクレンチも必要なのだが、貸してもらえるので買わなくて済んだ。
ユニバーサルホルダは、アドレス110のウェイトローラー交換だけの場合は必要ない。

アドレス110のウェイトローラーを交換しようと思う(前編)

以前にも書いたが、アドレス110を新車で購入した。
不満は、以前に所有していたアドレスV125Gよりも加速が悪いことだ。
乗っていて分かるのは、アクセルを全開にしてもエンジンが低回転で加速するので遅い感じ。もちろんエンジンのパワーが低いのもあるが、とにかくギア比が気になる。
クルマでもバイクでもマニュアル車を乗ったことがある人なら分かると思うが、もう1速ギアを落としてエンジン回転を上げたい気分になるのだ。
スクーターの場合変速機は、プーリーで無段変速を行っていて、ウェイトローラーの重さを変える事によりセッティングを変える事が出来る。
軽くすると、エンジンが高回転(マニュアル車で言えば低いギア)で走り、重くすればその逆になる。
ウェイトローラーを軽くし過ぎると、最大変速まで行かなくなり最高速が下がる。なのであまり軽すぎるのは問題である。
それと気になるのは、アドレス110は(現在のバイクはほとんどそうなのだが)、4ストロークエンジンなので、4ストロークエンジンは回転を上げ過ぎると、バルブサージングといってエンジンにダメージを与えてしまう。バルブサージングは私も正確には分からないのだが、バルブのスプリングが伸びきる前に縮む動作を行おうとすると、エンジンが壊れてしまう事だと本かなんかで読んだことがある。

それで、アドレス110のウェイトローラー交換についてネット上ではかなり調べてみた。
これから私が行う事は、他のアドレス110ユーザーにも参考になれば良いと思ってる。

純正のウェイトローラーは11.7グラムで、
私が調べた限りネット上では、9グラムだと相当加速は良くなり、最高速に影響がある説と影響がない説とがあった。ネット上の口コミは徹底して調べた上で、さらに自分で真偽を判断しなければならないが、私の勘では9グラムより重い分には(ギア比の変化として)安全だと感じた。

出来れば純正流用が安心なので、スズキの他の車種を含めた純正ウェイトローラーの重さを調べてみる
デイトナカタログ
デイトナ2016カタログより

デイトナのカタログにもアドレス110の純正ウェイトローラーは11.7グラムであると再確認し、同じサイズで少し軽い重さのを探してみる。
9.79グラムと8.74グラムがある。9.79グラムはネット上の噂では交換例があって純正みたいに自然で加速が良くなるそうだ。私もそんな気がする。
8.74グラムはネット上では交換例がないが(やった人はいるのだろうけど)、私は少し危険な気がした。危険とは、エンジン回転が上がり過ぎて乗っていて疲れたり、最高速が落ちたり、燃費が悪くなる事だ。

計算したりデーターを測定したりして、判断するのが良いのだろうけど、今の私の知識ではそれは出来ないので、なんとなく勢いで8.74グラムのスズキ純正ウェイトローラーを6つ注文する。

続く、、、

ジムケラー氏インテルへ

過去にもジムケラーについて記事を書いたが(AMDのCPU「Ryzen 7」
ジムケラー氏がインテルに移籍したそう。
アメリカは合理的な国なのでどこの会社にいてもジムケラーが活躍するとは思うが、どれだけジムケラーが優秀なのか想像もつかないほど凄いね。
繰り返し書くが
・iPhoneのCPUだってジムケラーの設計
・インテルを圧倒した、AMD「Athlon」の設計
・以前にも書いたがRyzenの設計
インテルに移籍してどうなるのだろう。

10000アクセス達成

このブログのアクセスカウンターが10000を超えた。
アクセスカウンターをつけたのはいつだったか忘れた。途中からつけたので最初からつけていたらもっと上がっているはずだが、そうしたら、いくつになってるかは分からない。
ちなみにFC2のアクセスカウンターは、F5連打(リロード)でカウンターが上がらないらしい(アメブロは上がる)
なので厳しい条件なので、ちょっと嬉しい。

大した事を書いていないのだが、自分としては出来るだけ質の高い記事を書くようにはしてるつもり。

ずっとFC2ブログにしていて、他に移ろうとは思っていない。どこのブログを使っているかより、大した記事でなくても一生懸命丁寧に更新するのが大切だと思っている。

アメブロが一番人気のようだが、アメブロを使うのにこだわるだけでは、アクセスは上がらない。

重要なのは中身なのだ。(←自分にも言い聞かせてる)
ブログランキングに参加中
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
QRコード
QR
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。