犬の認知症治療

犬の認知症や痴呆には、人間と同じ成分の向精神薬が使われる事がある。

それで気になったのだが、犬の場合は「Anipryl®」という薬が使われるそうで、成分はセレギリンというモノアミン酸化酵素阻害薬である。
日本では人間のパーキンソン病に適応があるが、認知症には適応は無いようだ。
もし人間に使ったとすると、犬に効くくらいなので、プラセボ効果は無視出来て本当に効果の高い薬なのだろうと思い調べてみると、やはり海外では適応があるようだ。

だからと言って、日本の医療が遅れているとは言い切れないと思う。例えば拳銃の所持を禁止するメリットもデメリットもあるし、死刑制度もそう。

多摩地区オススメの皮膚科

このブログはバラエティに富んだ内容にしたいです。

今回の記事は、多摩地区オススメの皮膚科です

桜ヶ丘皮膚科医院がとにかく良いです。

理由は、
・待たない事(待合室に大勢いたとしてもスゴイ勢いで呼ばれます)
・院内処方(院外処方に比べ安い上、時間の短縮になります)



テキパキと的確な診断治療が、低額な費用で受けられます。

ちなみに神の手と呼ばれる脳外科医の福島孝徳医師は、脳神経外科手術症例は24,000人だそうですが、桜ヶ丘皮膚科は福島孝徳医師も真っ青な勢いで的確な治療をします。

私のブログもそんな存在になりたいです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
QRコード
QR
リンク