腕時計

破損した腕時計
修理前の状態 Docomo SH-03Cで撮影

腕時計が壊れた。

ガラスのまわりにあるリング状の部品が外れてしまった為、
ガラスが出っ張って段差がついている。

修理に持って行ったが、
「最低でも12600円かかり、それプラス部品代などがかかる。」
と言われ修理に出すのはやめた。
部品だけ購入することもできないと言われた。

新しく買おうかとも思ったが、
買えば高いので、自分で修理してみることにした。

状態をよく確認したところ、
2003年に購入したので、9年使っているのに、
ガラスには傷がまったくついていない。
サファイアガラス恐るべし!

ホームセンターの売り場で悩んでいると、
混ぜる手間のかからないエポキシ接着剤を見つけたので、それを買ってきた。
エポキシ接着剤
Docomo N-05Bで撮影

それをガラスのまわりに塗ってみた。
修理後
P-01Dで撮影

隙間にうまくしみこんだので、
ガラスが外れたり割れたりする心配がなくなった。












料理 その1

ブログを更新しようとネタになりそうな写真を探していたら、
料理を先月撮影したのがあった。

鉄火丼とサンマの塩焼きである。
刺身類はスーパーで夕方半額の売れ残りを使うことが多い。
翌日までなら十分もつよ。
酢飯は0.5合あたり大さじ一杯、ミツカンの寿司酢を混ぜるだけなので簡単だ。

サンマが食べたかったのでサンマも買って焼いた。
栄養バランスは悪いと思う。計算はしてないけど。

写真を改めて見てみると、
ラーメンの器を使ったりしていて、とにかく見た目が悪いので、
もっときれいにつくった方が良いなと思った。
料理
Docomo N-05Bにて撮影



今後の予定(画質比較)

近いうちに社長と一緒に携帯電話やスマホのカメラの画質比較をする予定。

ちなみに管理人が知っている携帯電話の中で画質が一番良いのは「Docomo D901iS」である。

下の写真は「Docomo D901iS」で撮影した400万画素の写真を、
Picasaで(FC2ブログのファイルサイズ制限のため仕方なく)サイズ変更をしたもの。

「Docomo D901iS」のカメラのセンサーには、
富士フィルムが開発した400万画素の「スーパーCCDハニカム」を搭載している。


#少し脱線するが、32インチ以下の液晶テレビには、
#約100万画素(1366*768)と、
#約200万画素(1920*1080)の製品が混在している。
#この場合は、PCをつなぐ事を考えると200万画素のを買った方が良いと思う。


画素数だけの争いで、本当に画質の良い、
「スーパーCCDハニカム」が埋もれてしまったのが残念でならない。

自分たちで撮影しないと本当の画質は分からない。
富士フィルムの開発者に敬意を表して、、、

D901isで撮影
Docomo D901iSにて撮影

西友とコーナンが建設中

西友とコーナンが今年の冬にオープンするようだ。
同じ場所なので便利そう。

これは現在建設中の写真。だいぶ出来上がってきてる。
西友コーナン
逆光だったので電柱で太陽をさえぎって撮影した。P-01D(スマホ)にて撮影。

どちらとも社長も管理人も大好きなお店。

社長がどのくらい好きかというと、
スーパーマーケットの中で一番好きで、
ホームセンターの中で一番好きなのである。

管理人の衝動買い1

本日、某カメラ店にプリントを頼んであった写真が出来上がったので取りに行った。
(※管理人は写真は自宅で印刷するよりも、お店に出すのが好きなのである。)

写真を受け取り、携帯電話コーナーをながめてみると、
P-01Dが機種変更1円だったので、購入してきました。

P-01D
それっぽく撮影

iチャネルとかいくつか指定されたオプションに入らないと3150円で、
全てのオプションに入れば1円になるそう。
すでに入っているオプションは割引にならず、管理人の場合約1500円でした。
もちろん余計なオプションは即刻解約しました。

こういった契約は熟知していないと大変な事になる。
「実質」は「本質」ではないし、、、
(説明の文章を書くのも面倒だし読む人も疲れるのでここまで)

この機種はおサイフケータイには対応していないけど、
それはiPhoneも同様、と考えれば少し安心できる。


1990年代の基地局の密度が少なかった頃、
パナソニックの端末が一番感度が高いと思った。
アンテナ0.5本ぶんくらい良いので、
他メーカーの機種がギリギリ圏外でも発着信ができる事があった。
それにつくりがガッチリしていて一番好きなメーカーだった。

詩1

発送の苦しみから抜け出すには待つしかない。(by社長)

※説明 この詩は、通販で買い物をした時の気持ちをうたっている。
発送の苦しみとは、商品が発送され到着を待ちきれない気持ちの事らしい。(管理人)

社長の衝動買い1


商品名 第三世代iPad 64ギガバイト Wi-Fiモデル(4G無し)

メーカー アップル

購入方法 アップルの公式サイトから購入

購入日 4月13日

満足度 ☆☆☆☆(80点)

使用感等 アンドロイドよりも回転がスムーズ 画質はフルHDで見てもRetinaディスプレイのせいかつまらない。つまらないから売却した。使い方はゲームとyoutubeまだそれだけだったらいいんだけどyoutubeで1080pでないものが汚らしくみえる。買って後悔した。なんかありきたりというか、技術は凄いんだけど。Retinaディスプレイだとモアットする。まだ完成度が良くない(by社長)
ほとんどいいがかりだと思う。自分で衝動買いしたのを商品のせいにしている。メチャクチャな事を言っているので信じないように!!(管理人)

管理人の感想 一般家庭や個人での使い道が思い当たらない。高すぎる。持ち歩くには大きすぎる。機能的にはiPod touchに近いと思う。iPod touchなら安いし、小さいので、持ち歩いて音楽を聴いたり、写真を撮影したり、他にも色々と使えそう。あとSIMカードやSDメモリーカードが入らないのも痛い。

激安SIM

いつの間にか、激安データ通信SIMに新しく参入した会社が増えていた。

私が契約しているのは、
b-mobileSIMイオン専用(過去)⇒IIJmio ミニマムスタート128プラン(現在)なわけだが、月額490円とか787円
(参考URL http://ascii.jp/elem/000/000/717/717594/
がでたようだ。

現在月額945円かかっているが、速度などトータル面で満足しているので、
今回はしばらく様子を見ることにした。


ところで、どのようにして激安SIMを使えばよいかというと、
1、Docomoのスマホ本体やタブレット本体を手に入れる。
(方法はAmazon、ヤフオク、ブックオフなど、、、1万円前後。機種によっては新品でも1万円以下で買える)
2、激安SIMの契約をする。(実はSIMカードを入れなくても無線LANのみで使用することもできるのでそのまま使っていても良い。)
3、SIMカードを本体に入れて、激安SIMの説明書に従って設定をする。(たいした設定ではないので簡単)
以上

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
QRコード
QR
リンク