128GBのmicrosdxcを注文しました



サムスンの正規品をAmazonで注文しました。
スマートフォンに使う予定です。
私は音楽ファイルを全てFLAC形式にしているので、合計すると約80GBあります。
このSDXCカードなら全て入れても余るので、写真や動画をさらに入れる事ができます。
サンディスクは偽物が流通しているようなので、とにかく信用できません。サンディスク社も分かっているなら何かしら対応しないと信用を無くすと思います。というかすでに無くしています。

わたしはトランセンドの正規品をいつも購入して信頼もしているのですが、128GBに関してはまだ製品がないので、サムスン正規品を購入する事にしました。

サンディスクでは200GBの発売が発表されたが、
http://www.sandisk.com/products/memory-cards/microsd/ultra-premium-edition/

価格も高すぎるし、偽物の流通も嫌だし、私のCDライブラリも80GBほどなので、この製品で十分である。


CD一枚の容量は約700MB(80分)で、実際の音楽CDは500MB(60分)くらい使用している。
これをFLACで可逆圧縮(ロスレス)すると、300MB(0.3GB)ほどになる。
128GB/0.3GB=427なので、
おおよそ427枚の音楽CDを無劣化で入れられる。

ハイレゾはいらないと思う。CD以上の音質は区別がつかない。CDで細かすぎるくらいだから。
宣伝に踊らされないほうが良い。

レコーディングやマスタリングの時は、意味がある事もある。

時間が経てばわかるが、一時的なものでいずれ無くなると私は思う。
SACDやDVD-AUDIOの二の舞になるのではないか。

とても良いサイトを見つけました。
音声圧縮フォーマット「Vorbis」を開発した人物でもあるモンゴメリーさんの意見。私も同感です。
192kHz/24bitのハイレゾ無圧縮音源は本当に聴き分けられるものなのか?

漫画を買いました

DSC_0259-001.jpg
たまたまコンビニで買い物をしたら弘兼 憲史がタイトルの増刊号があったので購入。


DSC_0263-001.jpg
私が弘兼 憲史の作品の中で一番好きなのは『ハロー張りネズミ』なのだが、それについては一つも書かれていない。
島耕作シリーズなんかよりずっと好きだ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
QRコード
QR
リンク