CCENT合格


3回目の受験で、やっと合格した。
18000円(税抜き)を3回払ったので、お金はかかったが、合格できたので満足してる。

でも試験料金は高いとは思う。

↓↓これが最近気になっている。スマホ用のモバイルバッテリーでUSB充電出来るそうだ。考えてみるとCCENTの試験一回分で買えてしまうのだった。

(スマホ用のアダプタ等で)USB充電できるノートPCは需要があると思うので、出したら売れそうな気がする。
あまり販売されていない理由としては、USBだと供給できる電力に限りがあるせいだと思うが、アンドロイドのタブレットで大丈夫なので、なにか解決策がありそうだ。

今後のスマホの契約

キャプチャ

5月になったらドコモのシバリが切れるのでこの契約にします。
※注、契約はビックカメラで行うと良い。無料で公衆無線LANのオマケが付きます。
内容を簡単に言うと、データ通信専用SIM1枚、データ通信と音声が使えるSIMが1枚。で、合計2枚。
両方のSIM合わせて1か月3GBの高速通信ができる。
これで2000円(税抜)らしい。6GBだと2620円(税抜)



通話料金は30秒10円なのだが、今の私の使い方はほとんど電話をかけないので大丈夫だろう。通話料金が気になるようならその時考える。
それと留守番電話300円(税抜)は必要。ユニバーサルサービス料も。

最近は、中古スマホやSIMフリー端末が安く手に入るので、ドコモとかで契約しなくても大丈夫だと思ってる。

車に例えてみる。ディーラーで保証付きの新車を買うのが、大手キャリアでの契約とすると、格安SIMは保証の短い中古車を買って、車両保険無しで乗るのに似ている。
壊れたりしてトラブルがあっても、車は中古市場が出来上がっているので色んな車種選び放題、また買えばよいのだ。そうした方がトータルでみると安くなる。


最近のスマホも、市場が出来上がってきてるから、壊れたらまた買えばよい。
以前はこうはいかなかった。売ってる店が少ないし、まともな端末は5万円以上してたからね。

参考:
格安SIMとスマートフォン
YOGA Tablet 2 SIMフリー
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
QRコード
QR
リンク