売れてないけど好きな曲


↑↑この曲は「モダン・ロマンス」。「五番街のマリーへ」にどことなく似ているが、私はこっちが好き。編曲は清水信之(←重要)

↓↓参考。「五番街のマリーへ」。これはもちろん名曲。

PCオーディオ


私の机

機材はこだわっているが、もう少し片付けないといけません。
見ての通り何から何まで例外なく高音質で再生出来るようにした。

スピーカー:SONY SS-747
以前は新品で購入したDALI ZENSOR 1を使っていたが、現在のスピーカーをヤフオクで購入し音質を比較→SS-747を採用。そしてDALIは売却。この時代のソニーのCARBOCONというスピーカーはとても良いと思う。かなり気に入っているのだが40年前のスピーカーなので壊れるのが心配。新しく購入するとすれば、「B&W」、「DALI」が好み。オーディオはスピーカーには強くこだわるべきと思うので、徹底的にスピーカーの試聴をしたい。試聴に行くならヨドバシアキバが良い。
以前の職場に型番は忘れたがもっと古いCARBOCONのスピーカーがあって、やはりそれもとっても良い音だった。
メーカーが新しい技術に名前(商標)をつけて、大したことがない事も多いが、それが本当に性能や品質の良かったものを思い出してみると、CARBOCONの他には、
・スーパーCCDハニカム(富士フィルムのセンサー)
・Exmor(ソニーのセンサー)
・トラックポイント(IBM ThinkPadのポインタ)
・VTEC(ホンダエンジンのカムシャフト切り替え)
・ATTESA E-TS(日産の4WD)
・THS(トヨタハイブリッドシステム)
CARBOCONとスーパーCCDハニカムは現在は使われていないが、現行の製品よりも良いのではないだろうか

聴いたことないがソニーのスピーカーSS-G7がとっても音質が良さそうな気がする



アンプ:SONY UDA-1
DAC内蔵していて値段が手ごろだったので購入。シンプルに配線もできるしデザインも好み。私は(大金をかけて行う)ハイレゾ否定派だが、これはハイレゾに対応している。スピーカーと違い、アンプの音質はそんなに変わらないと思うのでこれで十分。

(テレビ)モニタ:東芝 REGZA 26ZP2
当時、フルHD解像度で探していて、ソニー製32インチにするか、この製品のどちらを買うか悩んだ記憶がある。東芝に決めた理由は、遅延の少なさとサイズがPC繋ぐのに良さそうと思ったからだ。エルゴトロンの「45-241-026 LX デスクマウントアーム」で設置しているのもこだわり。さっき久しぶりにモニターアームについて調べてみたら、アマゾンから「Amazonベーシック モニターアーム」が発売されていて、エルゴトロンより安い。みためがエルゴトロンそっくりなので、少し調べてみるとOEMらしい(←はっきりとは分からないが)。本当にOEMで性能が同じなら今度買うときはアマゾン版にしようと思う。

AMDのCPU「Ryzen 7」

AMDから「Ryzen 7」というCPUが販売され、話題になっている。

現在CPUはIntelの方が性能が良いが、2001年~2006年くらい、AMDの方が性能が良い時代があった。

どのくらいの速度か、ベンチマークを調べてみると、一番売れている「Ryzen 7 1700」でPassMarkのベンチスコアが13755である。安くて性能が良いので現在売上ナンバーワンだそうだ。

急にこんな性能の良いCPUを開発できたのはジム・ケラーという技術者がAMDにいたせいで、実は2001年~2006年のAMD優位の時代もジム・ケラーが開発していて、一度AMDからアップルへ行って、アップルではiPhoneのプロセッサーApple A4とApple A5、MacBook Airの設計を行い、AMDに戻り「Ryzen 7」を開発した。現在はテスラモーターズの副社長で自動運転開発のリーダーをしている。
他にも過去にはDECで「Alpha 21264」という、インテル製品よりも高速なCPUも開発していたりもする。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
QRコード
QR
リンク