アドレス110のウェイトローラー交換作業の結果

結論から言うと、大成功!!

アクセルを開けた時に今までエンジン回転が低すぎると感じていたのが、かなり改善された。(厳密には変わったのかもしれないけど)最高速も変わらない。

ウェイトローラーの重さについては、標準の11.7グラムより軽くすれば、ほとんど全ての人が満足するだろう。純正状態がハイギアード過ぎるからね。

今回は、標準の11.7グラム→スズキ純正流用8.74グラム『21650-04C10』にしたが、軽すぎさを危惧していたが杞憂に終わった。加速を重視するならもっと軽くても良い。
純正流用ではなく、バイク用品店で値段の安いキタコなどのもっと軽い8.5グラムや8グラムでも(エンジンが回りすぎたりはしないので)大丈夫な気がした(←多分)。自分で交換作業が出来なかったり面倒だと思うのなら、バイク用品店で交換するのが良いと思う。(工賃は3000円~4000円くらいのはず)

具体的な加速データは、私が試した坂道の計測地点を全開加速で標準ウェイトローラーにて55キロのところ60キロだった。その坂道で計測地点をいくつか設けたが、平均して4キロほど速度が乗るのが分かった。

燃費データについてだが、新車購入時からずっとe燃費のサイトでデータをとっているので、それを掲載する。今回のウェイトローラー交換は走行3005キロで行っている。

ウェイトローラー交換前だけのトータル燃費は、2941キロメートル/70.53リットルなので、41.7キロメートル/リットルである。(2018年3月24日~2018年7月6日)

ウェイトローラー交換後の燃費については、ある程度走ってから、後ほど掲載したい。

ただし、私の経験上、気温が高いと燃費が1割以上良くなるので、気温が支配的となり、ウェイトローラー交換での燃費差が簡単に相殺されてしまうはず。

アドレス110のウェイトローラー交換作業を行う

いよいよ交換作業を行う。

ここまでのまとめ
購入したのは、
ウェビックでスズキ純正8.74グラム『21650-04C10』のウェイトローラーを6個。
・アマゾンでGarage.com2 Suzuki系12角プーリーロックナットレンチ32mm(アドレス110等) H048
だけである。

あと結構重要で、私も色々と調べたり考えたが、ウェイトローラーにグリスを塗る必要があるかなのだけど、私の今回の計画だとウェイトローラーは純正流用なのでグリスは塗らないで行うことにした。デイトナやキタコだとウェイトローラー専用のグリスが販売されているくらいなので、デイトナやキタコなら塗る必要性があるのだと思った。
もう一つの塗らない理由は、まだ新車で3000キロしか走ってないので、そのまま交換でも大丈夫な気がした。

他にあらかじめ調べておいたことは、(ウェイトローラーの入っている側の)プーリーのトルクは、50N・mである。あと純正ウェイトローラーの場合組み付ける方向があり、時計の6時の位置で、プラスチックがたくさん見える側が右側になるようにするとの事。まあこれは外した時にもう一度再確認も出来るのだが下手に外して向きが分からなくなった場合にも備えて覚えておいた。


DSC_0435.jpg
プーリーを外して、ウェイトローラーを入れ替える途中(3個入れ替え後)。新車で3000キロ走行後だが、もともとついていた標準のウェイトローラーは黒っぽくなっている。

わざと、ウェイトローラーの向きが分かるように撮影した。6時の位置でプラスチックがたくさん見える側が右側になっていることが分かる。

ウェイトローラーのグリスが必要かは少し心配だったのだが、もともとのウェイトローラーをよく触ってみると、全くついていないか分からない程度についているかであった。
純正ウェイトローラーのプラスチックの素材に潤滑性があるのだと、勝手に納得した(自信なし)

プーリー面が汚れてドライブベルトが滑ると心配なので、プーリー面には触らないようにして、さっさとウェイトローラーを入れ替えてもとに戻した。

お手伝いしてくれた友人のお礼に、前から本人が欲しがっていた
ワコーズ F-1 フューエルワン

ThinkPlus トラックポイント・キャップ・コレクション
をプレゼントした。

交換後のインプレについては次回書きたい。

アドレス110のウェイトローラーを交換しようと思う(後編)

8.74グラムのスズキ純正ウェイトローラーの品番を調べてみると、
『21650-04C10』らしい。純正部品はウェビックで注文出来る。このサイトだと純正部品番号も調べる事が出来るのでこれからも愛用したいと思う。

ところで、ウェイトローラー交換の話を友人に持ち掛けたら、手伝ってくれるとの事だ。これは心強い。
工具も使わせてくれるとの事。
でも、プーリーを外すのに専用の工具がないと、プーリーが空回りしてネジが外れないので、必要な工具を買うことにした。
Garage.com2 Suzuki系12角プーリーロックナットレンチ32mm(アドレス110等) H048を買う事に決める。
ちなみにアマゾンでは2000円未満の注文だと、送料がかかってしまうのだが、裏ワザを友人から教えてもらった。
ペーパーモックという2000円の、厚紙で出来た液晶モニターの模型を一緒に買うと、なぜか2000円の2000円引きになり、送料無料の条件をクリアしてしまうのだ。(←注、今は出来ません2018/07/18確認)

キャプチャ

ウェイトローラーとプーリーレンチを購入したので、あとは友人の工具を使わせてもらえば作業が出来る。

ウェイトローラー交換には、トルクレンチも必要なのだが、貸してもらえるので買わなくて済んだ。
ユニバーサルホルダは、アドレス110のウェイトローラー交換だけの場合は必要ない。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
QRコード
QR
リンク