アドレス110のウェイトローラー交換作業を行う

いよいよ交換作業を行う。

ここまでのまとめ
購入したのは、
ウェビックでスズキ純正8.74グラム『21650-04C10』のウェイトローラーを6個。
・アマゾンでGarage.com2 Suzuki系12角プーリーロックナットレンチ32mm(アドレス110等) H048
だけである。

あと結構重要で、私も色々と調べたり考えたが、ウェイトローラーにグリスを塗る必要があるかなのだけど、私の今回の計画だとウェイトローラーは純正流用なのでグリスは塗らないで行うことにした。デイトナやキタコだとウェイトローラー専用のグリスが販売されているくらいなので、デイトナやキタコなら塗る必要性があるのだと思った。
もう一つの塗らない理由は、まだ新車で3000キロしか走ってないので、そのまま交換でも大丈夫な気がした。

他にあらかじめ調べておいたことは、(ウェイトローラーの入っている側の)プーリーのトルクは、50N・mである。あと純正ウェイトローラーの場合組み付ける方向があり、時計の6時の位置で、プラスチックがたくさん見える側が右側になるようにするとの事。まあこれは外した時にもう一度再確認も出来るのだが下手に外して向きが分からなくなった場合にも備えて覚えておいた。


DSC_0435.jpg
プーリーを外して、ウェイトローラーを入れ替える途中(3個入れ替え後)。新車で3000キロ走行後だが、もともとついていた標準のウェイトローラーは黒っぽくなっている。

わざと、ウェイトローラーの向きが分かるように撮影した。6時の位置でプラスチックがたくさん見える側が右側になっていることが分かる。

ウェイトローラーのグリスが必要かは少し心配だったのだが、もともとのウェイトローラーをよく触ってみると、全くついていないか分からない程度についているかであった。
純正ウェイトローラーのプラスチックの素材に潤滑性があるのだと、勝手に納得した(自信なし)

プーリー面が汚れてドライブベルトが滑ると心配なので、プーリー面には触らないようにして、さっさとウェイトローラーを入れ替えてもとに戻した。

お手伝いしてくれた友人のお礼に、前から本人が欲しがっていた
ワコーズ F-1 フューエルワン

ThinkPlus トラックポイント・キャップ・コレクション
をプレゼントした。

交換後のインプレについては次回書きたい。
ブログランキングに参加中
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
QRコード
QR
リンク